MENU

 相手だってセックスしたいのだからすごく濃密で濃厚な、エロチックな関係になるだろうって思っていたんです。
エッチの声もいっぱい出してくれるだろうし、たくさん挿入を求められたりもして、そんなイメージを持ってセフレとの関係に臨んでいたのでした。
それに最初だけ2万円を支払うだけで、その後は継続したただまんのセフレ関係を続けられるという期待もあり、興奮状態も高まっていたのですが、しかし相手はすぐに挿入を求めてくるのです。
たいして前戯をしているわけでもないのに、いきなりオマンコの穴に挿入してくれなんて言うんですからね。
ちょっと興ざめしつつも、オマンコの穴に挿れてズボズボと繰り返していたのです。
エロチックな声を聞きながらこちらも大興奮、そうなるはずだったのですが、相手は反応してくれませんでした。
僕が射精を終わるとすぐシャワーを浴びて服を着替えだすのです。
ホテルを出て時計を見たところ、入ってから30分しか経過していませんでした。
だけど、今後も一緒にセックス楽しめるだろうという気持ちもありましたが、それも見事に裏切られる結果になったのです。
結局それ以降というもの、連絡を取り付けることができなかったのでした。
たった30分で2万円も支払って、消化不良な射精をしたがって、どうも納得がいかない気持ちでした。
何だか気分がかなりモヤモヤしちゃってて、セフレっていう関係は皆んなこんな感じなのだろうか?という疑いまで出てきたのです。
仕事とセックスするのだから、もっと激しく盛り上がるのが普通だと思うのです。
これだったら風俗に出かけて、プロにエッチしてもらった方が全然楽しいなって感じでした。
あまりにもつまらないセックスになってしまったため、この話を同僚にしてみようかなと思いました。
ちょっと愚痴を聞いてもらえば、気分もスッキリしますから。